タイ産の1人称病院ホラー『ARAYA』がSteam Greenlightに登場

先日、お伝えしたターン制メカアクションゲーム『DUAL GEAR』やディベロッパー自ら日本のホラーゲームに影響を受けたと公言する『DreadOut』など近年、目覚ましい活躍を見せる東南アジアのディベロッパーですが、先日Steam Greenlightに登場したホラーゲーム『ARAYA』も、そんなハイクオリティな作品のひとつです。

タイのインディーズディベロッパーMAD Virtual Reality Studioが送る『ARAYA』は3つの異なるキャラクターの視点で、タイトルにもなっている少女「アラヤ」が病院で謎の死を遂げた理由を追っていくという一人称視点のホラーゲーム。

ジャパニーズホラー的要素を多分に含んだ迫力満載のトレイラームービーではプレイヤーが霊の影に怯えながら病院内で追いつめられていく様子が描かれています。

なお、本ゲームはUnityエンジンを使用ということもあり、Oculus Riftを始めとしたVRデバイスをサポートしたゲームプレイが可能となるそうです。

リリースは2016年の第二四半期を予定しています。